お問い合わせ

Snow Monkey V19へのアップデートは注意!デザインが崩れる

  • URLをコピーしました!

Snow MonkeyのV19へのアップデートが配信されています。

Snow Monkey V19はかなり大きな変更が入っていますので、何も考えずにアップデートするのは止めましょう。

私のSnow monkeyのサイトはしばらく様子を見ようかと思ったのですが、人柱でV19へ上げてみました。

その時のトラブルについてまとめたいと思います。

この記事を書いた人

Wordpressのカスタマイズ歴10年のプロです。無料から有料までWordpressテーマの使用経験は豊富。SWELLやCocoon、Snowmonkey、Arkheなどテーマのカスタマイズに関する知見も深い。Webサイト制作からカスタマイズまで仕事を請け負った実績は多数あり。
第二種情報処理技術者試験(合格率:15.5%)、Google アナリティクス上級者向けコースGoogle タグ マネージャーの基礎コース上級ウェブ解析士HTML5プロフェッショナル認定 レベル2

クリックできる目次

Snow monkey V19へアップデートする前の準備

  • テーマのバックアップを取りましょう
  • サイト一式のバックアップを取りましょう

V18を使っている人は、まず、テーマのバックアップを取ってからアップデートしましょう。

テーマのバックアップを取りましょう

テーマのバックアップと言われてもピンと来ないと思いますが、簡単です。

wp-content/themes/snowmonkeyディレクトリを固めてダウンロードします。

WP Filemanagerというプラグインを使うと簡単です。

zipファイルでテーマファイルをダウンロードしておけば、再度テーマをアップロードすればバージョンダウンすることができます。

サイト一式のバックアップを取りましょう

サーバーに毎日バックアップが自動的に取得されているのであれば、改めて取得する必要はありません。

サーバーでバックアップが取得されていない場合は、プラグインなどを使ってサイト一式バックアップを取得しましょう。

バックアップに使用するプラグインは、以下のどちらかがおススメす。

All in One WP Migration

All in One WP Migrationは無料だとバックアップの復元ができません。

一度エクスポートして、インポートする必要があります。

またサイズの制限もありますので注意しましょう。

Updraft plus

無料プラグインで、バックアップ⇒リストアが簡単なプラグインということなら、Updraft plus一択だとおもいます。

Snow monkey V19へアップデートしたら起きたこと

  • サイドバーがカラム落ち
  • サイドバーの記事一覧が横並びに
  • スマホの時のcontainerのマージンが大きすぎる問題

ひとまず、追加CSSをすべて削除してみます。それで問題が解消するのであれば、追加CSSに問題がありますから、ひとつづつ確認すれば解決します。

サイドバーがカラム落ち

サイドバーがカラム落ちしてしまうようになりました。

サイドバーにあるウィジェットの幅がimportantになっていて、それが悪さしていました。

サイドバーの記事一覧が横並びに

CSSの詳細度の問題だと思いますが、メインコンテンツ部分とサイドバー部分で記事一覧のレイアウトが異なるものが同じレイアウトになってしまっていました。

CSS詳細度を見直して対応しました。

スマホの時のcontainerのマージンが大きすぎる問題

スマホサイズの時にcontainerの左右のマージンが大きく、コンテンツ部分がかなり細長くなってしまいました。

CSSパラメータが複雑になっているので、原因はよくわからないのですが、スマホの時はマージンが小さくなるようにCSSを追加しました。

Snow monkeyに漂うオワコン感がスゴイ

Snow monkeyというテーマはもう大きな機能追加などは無いと思います。

作者はunitoneというFSEテーマの開発がメインになっていて、Snow monkey自体はWordpressアップデート時の保守がメインになっている感じがします。

最近では、Snow monkeyのテーマアップデートは頻繁に行われておらず、主にコアアップデート時の不具合対応だけです。

V19へのアップデートは、今後Snow monkeyとuninoteを2つ保守していくのは大変なのでunitone側に寄せたということだと思います。

かといって、unitoneを課金して使っている人はほとんどいない状況ですので、この状態ってsnow monkeyユーザーにとってはあまりよくない状況だと思います。

まとめ

Snow monkeyのV19へのアップデートはデザインが崩れるのでアップデート前にバックアップは必須です。

サブスクリプション契約しているユーザー以外はSnow monkeyの過去バージョンをダウンロードできません。

Snow monkey V19にしたからといって、機能的に大きな違いがあるわけではありません。

無理にアップデートしなくてもいいと思いますが、今後、Wordpressコアアップデートがあった時にV19ベースでアップデートがかかりますから、そこは悩ましいところです。

顧客サイトなどでは、デザイン崩れは致命的ですから、Wordpressコアのアップデートはせずにセキュリティアップデートだけに留めて、Snow monkeyもV18を使い続けるというのが一つの選択です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立ったら他の人にもシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

クリックできる目次